NAVIGATION
住まいの売却は査定をシッカリと!

住まいの売却査定は、適正価格をめざしましょう

住まいを売却しようと決めたら、まず不動産屋に相談をします。すると、不動産屋は自宅の状態を確認したうえで、いくらくらいの価値があるかをみてくれます。これを、売却査定と言います。この金額は、市場で同じような条件の物件がいくらくらいで取引されているのか、住まいの築年数、その場所の利便性などを考慮して決められます。もしその金額が納得いかないものであれば、売主の希望金額で売り出すこともできます。また、売却査定をお願いする不動産屋は1社である必要はありません。何社かに見てもらうことで、適正な売却金額が分かってくることもあります。しかし、査定金額を高くだしてくれる不動産屋がよい不動産屋ではないので注意が必要です。売り出し価格が高かったとしても、売れなければ価格が適正でないということになります。そうなると、値下げをして売ることになり、家を探している人からすると、もっと値下がりするのではないかと変な期待を持たせることにもなりかねません。売れ残り物件になることだけは避けたいです。

住まいを売却するうえで、売却の適正価格を知ることは、非常に重要です。住まいを売りたい売主は、不動産屋のいいなりになる前に、自分でも調査してみることを勧めます。例えば、売りたい住まいと同じような条件での物件がいくらくらいで売りにでているか、新築の場合ではいくらくらいかを調べるのです。不動産屋で調べてもよいですし、インターネットであれば豊富な情報があるので、いろいろな条件でもチェックできます。そうやって調べて行くと、売りたい物件がいくらくらいなら売れそうかというのが、なんとなく見えてくるはずです。そのうえで、対応のよい信頼できる不動産屋で契約するのがよいでしょう。住まいの売却は早く決まってほしいものです。適正価格を知ることで、買主との交渉も主張するところ、譲歩するところも分かってきます。正しい情報を知ることで、スムーズに売却が進むとよいですね。

Copyright (C)2016住まいの売却は査定をシッカリと!.All rights reserved.